駄文ですが趣味の範囲内で書いてます。 リアルと思う方吐き気します。 時に画像の作品 アーティスト yacoh35様 フォトグラファー 木寺一路様 のご好意により掲載させていただいてます。


by azumi_azumi0701

衣の下の感触

f0307778_14281756.jpg



ブランドには拘らず

色、デザインで衣を身に纏う

その感触を直に感じていたくて

下着などというものを身に付けてない。

いつからかそうしてた。

視られてる、視られるかもしれない事より

素肌に感じる衣の感触がたまらなく
そんな自分が好きだった。

そんな私に言い寄ってくる男はいたけれど
決して中には入る事はさせなかった。

好きな男に抱かれる為にそこは汚しちゃいけない。
そう、私は固く思っていたから。

だけど男が逝く顔は視ていたくて

口で優しく奏でてあげた。

すぐ硬くなり、膨張するかのような素敵な
ものになる。

その頃には男は私を見下ろし
髪を鷲掴みにしながら


挿れたい


なんて呟いている。


それが嬉しくて少し笑みはこぼれるけど
私の唇と舌は男のキャンディーを丹念に力強く
絞り上げる


逝きそうな時

口を外し手でしごいてあげながら


気持ち良い?


そう訊いてあげていた。




そんな私でも触れてほしい男はいた。

絶対に私には触れず優しい笑顔だけ
私に向ける


周りの男どもは私を貫きたいと思っているのに
その男だけは違っていた。

そう、思っていた。



私の送別会で皆でハグした時の事。

丁度、その男と私は向かい合わせになり
周りからのハグでより密接な状態になった時

頬は高揚し
下のものは硬くなり私の体の下腹部に強く感じはじめた時

私の顔は満足気な顔をしていたんだと思う。


この男も、か。

って。


f0307778_14281756.jpg



photo by yacoh35
[PR]
by azumi_azumi0701 | 2013-12-23 14:28 | Comments(0)